君の膵臓をたべたい/住野よるを読んで~人は皆誰かを必要としている~

この本で言いたいことは、人は完璧じゃない、皆誰かを必要としているということだと思う。 私は主人公の「僕」寄りの人間だ。 そんな私は生きているって、悪くないなと思ってしまった。 Amazonレビューでは文章が拙いなどの批判がある。 確かに文章は拙いかもしれないが、作者が伝えたいことは十分に伝わっていると思う。 心動かされる良い本だったと感じた。